横浜で肩こり腰痛に対応の整体院をお探しなら横浜駅西口 やなだ整体院。慢性的な肩こり、腰痛、膝の痛みはもちろん、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症によるしびれを改善したい場合もご相談ください。病院や整骨院に通っているがなかなか改善しないという方にこそ当院での施術を体験して頂きたいです。専門家から推薦を頂くほどの当院へお任せください。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)

自律神経失調症

慢性疲労、頭痛、めまい、胃の不調などでお悩みの方へ

 

原因は自律神経失調症かもしれません

 

このような悩みはございませんか?

 

 

安心してください

当院なら改善できます

自律神経失調症の症状はひとりひとり違うように、原因もまたさまざまです。いろいろなな原因が複雑に絡まっている場合がありますので、病院で検査をしても異常が見つからないことが多くあります。
自律神経失調は当院独自の施術で改善します。どうぞ安心してあなたの不調、悩みを聞かせてください。

自律神経とは

自律神経とは生命維持のために働く重要な体のシステムですが、自分の意志ではコントロールすることができません。
心臓を動かしたり、汗をかいたり、食べ物を消化したり、体温を調節したり、新陳代謝を行ったりと自分の意志とは無関係に常に体内環境を維持(ホメオスタシス)するために働いています。
自律神経は交感神経と副交感神経とに分かれており、この2つ神経がバランスよく働くことで健康状態を保っています。

交感神経
「活動しているとき」「興奮しているとき」「ストレス・不安があるとき」など

副交感神経
「リラックスしているとき」「休息しているとき」「食物を消化しているとき」など

自律神経失調症とは

ストレスや緊張が続き交感神経の働きが高まり過ぎると、筋肉の緊張や血圧の上昇、動悸や息切れ、胃腸の不調、食欲低下、リンパの流れが悪くなり疲労物質や老廃物が蓄積など体の不調が起きてきます。
逆にだらだらとした生活や運動不足、甘いものや脂っこい物を摂り過ぎたり、低気圧が近づくと副交感神経の働きが高まり過ぎてしまい頭痛やめまい、疲労感やだるさ、喘息や鼻炎などのアレルギー症上、生理痛などを引き起こします。

いろいろな症状

頭痛 耳鳴り めまい 疲れ目 目の渇き 味覚異常 口の渇き 顔のほてり 手足の冷え・しびれ 肩こり 首のこり
慢性疲労 だるさ 不眠 多汗 イライラ 無気力 不安感 激しい感情の起伏 息切れ 動悸 胸の圧迫感 胃の不調 食欲不振
吐き気 腹部膨満感 下痢・便秘 生理痛 生理不順など

原因

主に「ストレス」「元々の体質」「性格」「不規則なライフスタイル」の4つの要因が挙げられます。

自律神経失調症で最も多いタイプがストレスが要因となって起こるものです。
現代社会においてストレスを感じずに生活することはとても難しいものとなっています。もちろんストレスを感じたからといってすぐに自律神経失調症になるわけではありません。
人にはストレス耐性といってストレスに耐える力が備わっています。しかし長期間にわたりストレスにさらされていると、ストレス耐性が低下し自律神経失調症を引き起こしてしまいます。
ここでストレスにも様々な性質があるのをご存知でしょうか?

社会的ストレス : 仕事が忙しい、不規則な生活、社会的な責任、借金、異動、転勤、引越しなど
人間関係    : 職場での人間関係、家庭不和、離婚、失恋など
精神的ストレス : 怒り、不安、緊張、恐怖など
肉体的ストレス : 体のゆがみ、疲労、病気、怪我、睡眠不足など
物理的ストレス : 気温、気圧、天候など
環境的ストレス : 騒音、振動、照明、放射能など

このようにストレスにも様々な性質があり、だれでも1つや2つは思い当たると思います。
自律神経失調症は特定の人に起こるものではなく、だれにでも起こる可能性があるのです。

元々、自律神経が乱れやすいタイプです。虚弱体質やスタミナ不足ですぐに疲れてしまう方がそうです。
低血圧や冷え性、食べても太れない、すぐに下痢をする、生理痛がある、アレルギー体質であるなどこのような方が該当します。

完璧主義の方、責任感が強くまじめで几帳面な方、周りの期待に答えようとつい無理をしてしまう方、人にものを頼まれると断れない方などがんばり過ぎてしまったり、妥協できないため肉体的にも精神的にも疲弊してしまいます。
それから感受性が過敏な方や些細なことが気になってしまう方、1つことにこだわってしまう方などはちょっとした体調や精神状態の変化に左右されて自律神経失調症を引き起こしてしまいます。

毎日終電で帰宅するのが当たり前になっていたり、夜勤が続いたりと極端な睡眠不足や一日中デスクワークのため運動不足や日の光をあびないという生活が続くと自律神経失調症を引き起こしてしまいます。
また食習慣も大きく関係します。甘いものや脂っこいものを食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたり、間食ばかりするなどは自律神経の乱れ特に副交感神経を異常に過敏にしてしまいます。

なぜ当院の施術で自律神経失調症が改善に向かうのか?

 

当院の改善法

生命を維持するうえでとても重要な機能を備えているのが脳幹です。
脳幹の機能は消化、代謝、分泌、排泄、循環、呼吸、免疫、体温調節、意識、覚醒、姿勢反射など自律神経の中枢として多岐にわたります。
脳幹は上部頚椎である、第1頚椎、第2頚椎に守られるように位置しています。
上部頚椎がゆがむと脳幹は圧迫を受け、脳幹から全身への情報伝達が阻害され、体は大きなダメージを受けてしまいます。
ですから上部頚椎の調整は大変重要なのです。

腹部には第2の脳と呼ばれる太陽神経叢があります。
太陽神経叢は自律神経のかたまりのようなもので、神経伝達物質の生産の場、情動の引き金となる中枢があるといわれています。
また太陽神経叢は放射状に広がり、腹腔内にあるすべての内臓と連絡しています。
そのためストレスなどで太陽神経叢が乱れると内臓の機能が障害されてしまいます。
さらに内臓-体性反射により障害された内臓と関連のある筋肉に痛みや緊張が出てしまいます。
ですから緊張した腹部をを緩め太陽神経叢のバランスを整えることが重要になります。
腹部は常に柔らかく、弾力のある状態が理想的なのです。

頭蓋骨は23個の骨が寄木細工のように繋がり構成されています。
個々の骨は縫合と呼ばれる線維性の組織で繋がっていて、この縫合部は僅かですが呼吸とシンクロするように可動性があります。
ところがストレスや交通事故などの外傷により縫合部が硬くなったり、頭蓋骨全体がゆがんでしまうと可動性が失われ頭痛や慢性疲労といった自律神経失調症を引き起こしてしまします。
頭蓋骨の調整は頭に触れているだけのように感じるソフトな施術ですのでご安心ください。

TFT療法とはThought Field Therapyの略語で思考場療法と呼ばれます。
アメリカの心理学者ロジャー・キャラハン博士が開発し発展させたものです。
その方法はストレスや不安などを感じる場面を思い起こしながら、東洋医学でいう経絡をタッピング(指で軽くたたく)することで心的動揺を軽減するものです。
その特徴は即効性があり副作用がないので、大人だけでなく幼児にも行うことができます。

自律神経失調症は大変つらく、苦しいものです。
病院で検査をしても異常が見つからないケースが多く、薬を長期間服用してもなかなか改善しないこともあります。
当院では施術法を患者様ひとりひとりの症状、状態により最適に組み合わせ、早期改善に繋げていきます。
お一人で悩みを抱え込まずにぜひ一度当院にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)
お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)