横浜で肩こり腰痛に対応の整体院をお探しなら横浜駅西口 やなだ整体院。慢性的な肩こり、腰痛、膝の痛みはもちろん、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症によるしびれを改善したい場合もご相談ください。病院や整骨院に通っているがなかなか改善しないという方にこそ当院での施術を体験して頂きたいです。専門家から推薦を頂くほどの当院へお任せください。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)

脊柱管狭窄症

病院で脊柱管狭窄症と診断されてしまったあなたへ

今あなたは

など悩んでいませんか?

安心してください

当院なら改善できます

脊柱管狭窄症による痛み、しびれはそのままにしておいても改善は難しく、加齢とともに悪化してしまいます。
なんとか通院できるうちに、ぜひ当院の脊柱管狭窄症に特化した整体を受けてみませんか?

脊柱管狭窄症とは

脊髄が納まっている脊柱管が加齢や若い頃から腰に負担をかけてきた、激しい運動をしたなどの原因で骨の変形や椎間板の損傷、靭帯の肥厚により神経が圧迫されることで、足のしびれや痛み、長く歩くと足がつらくなり休み休みでないと歩けない(間欠性跛行)などの症状がでる状態を脊柱管狭窄症といいます。

症状

脊柱管狭窄症の3つのタイプ

神経根型
片方の足に痛みやしびれがでており、間欠性跛行などの症状がある。ヘルニアやすべり症経験者に多発する。

馬尾型
両足に痛みやしびれがある。頻尿や尿漏れ、便秘など排尿・排便障害を伴う。

混合型
神経根型と馬尾型が合併したもので、痛みやしびれは重症化しやすく、排尿・排便障害を伴う。

当院が考える脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症になってしまう根本的な原因は腰を支える筋肉が本来の力を発揮できない状態だからです。
若い頃から座りっぱなしの生活で腰を丸める姿勢や重い物を持つ、過度な運動などによって骨盤や背骨がゆがんでしまうことで腰を支える筋肉が疲労してしまい、本来の力が発揮できなくなってしまいます。
この状態が長く続くと腰椎がグラグラと不安定になり、椎間板の損傷や靭帯の肥厚が起こり神経を圧迫してしまい脊柱管狭窄症を発症してしまいます。

腰に負担筋力低下腰椎不安定椎間板損傷・靭帯肥厚神経圧迫脊柱管狭窄症

”なぜ当院の施術で脊柱管狭窄症が改善に向かうのか”

 

当院での改善法

骨盤のゆがみや背骨のS字カーブが崩れることによって、腰周囲の筋肉に過度な負担がかかってしまい、痛みやコリを引き起こしてしまいます。
また、頚椎と腰椎はロベット関係と呼ばれるとても重要な相関関係があります。
これは頚椎がゆがむと腰椎もゆがむというものです。
ですので骨盤や頚椎のバランスをとることで腰椎が整い、脊柱管狭窄症の改善へと繋がるのです。

股関節を調整することで股関節の動きがスムーズになり、お尻や太ももの筋肉が安定し、骨盤のゆがみが解消されます。
股関節、骨盤が整うことで腰椎が安定し脊柱管狭窄症の改善へと繋がります。

内臓が疲労やストレスを感じている場合、その臓器と関連している筋肉などに痛みや緊張がでてしまいます。
これを内臓-体性反射と呼びます。
また内臓が下垂していると骨盤のゆがみを引き起こしてしまいます。
内臓に原因がある場合、骨盤の調整や腰の筋肉を緩めても、またすぐに戻ってしまいます。
脊柱管狭窄症を改善するには、内臓の調整がとても重要です。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)
お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)