横浜で肩こり腰痛に対応の整体院をお探しなら横浜駅西口 やなだ整体院。慢性的な肩こり、腰痛、膝の痛みはもちろん、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症によるしびれを改善したい場合もご相談ください。病院や整骨院に通っているがなかなか改善しないという方にこそ当院での施術を体験して頂きたいです。専門家から推薦を頂くほどの当院へお任せください。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)

腰痛

腰痛が良くならない理由

”もしかしてあなたは腰をマッサージすれば腰痛が改善するはずだと思ってはいませんか?”

あなたは今まで病院や整骨院でマッサージや電気療法、牽引などの施術を受けてきたことでしょう。
また、痛み止めの服用やブロック注射を長年続けている方もいることでしょう。
それで腰痛は改善しましたか?
おそらく答えは「いいえ」・・・ですよね。
なぜなら腰痛は”腰だけ”が原因ではないからです。

でも安心してください!

腰痛を改善するためには、丁寧なカウンセリングや正確な検査であなたの今現在の体の状態を調べ、把握することが重要です。
それから原因を見つけ出しその原因箇所に対して適切なアプローチをすることで改善に繋がるのです。

症状について

慢性腰痛やぎっくり腰、腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など、これらを総称して腰痛症と呼びます。

慢性腰痛

慢性的に腰に痛みや重だるさがある状態のことをいいます。
骨盤の回転変化や背骨の曲げ伸ばしの際に、スムーズに働かなければならない腰周囲の筋肉の機能が低下している状態です。
つまり体のゆがみが原因で骨盤や背骨、股関節と腰周囲の筋肉との連携がうまくいかないため腰痛を引き起こしてしまいます。
またストレスや自律神経失調症、内臓の不調なども腰周囲の筋肉を緊張させるため腰痛を引き起こす原因となります。

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは正式には急性腰痛症といわれ、腰椎捻挫や筋・筋膜性腰痛とも呼ばれます。
欧米では「魔女の一撃」ともいわれ、突然腰に激痛が起こるとてもつらい症状です。
ぎっくり腰は腰周囲の筋肉や筋膜、骨盤の関節が損傷している状態ですので、病院でのレントゲンやMRI検査では異常が見つかることはほとんどありません。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰は不意な動作や重い物を持ち上げた時などで起こりますが、普段何気ない動作でも起こることがあります。
朝顔を洗おうとした時やほんの少し振り向いた時、背伸びをした時、くつ下をはこうとした時、くしゃみをした時などでも十分起こり得るのです。
ぎっくり腰を起こしてしまうと腰周囲の筋肉や筋膜に微小な傷ができ、スパズムと呼ばれる痙攣を起こした状態になります。
また骨盤にある仙腸関節に捻挫を起こすこともあります。
ですので立ち上がることや寝返り、振り向くこと、おじぎなどの動作が困難になってしまいます。

症状別タイプ

腰を曲げられない

背部にある脊柱起立筋が損傷すると、腰を前に曲げるのが困難になります。

腰を反らせない

背骨を連結している多裂筋や回旋筋、腰を前方から支える大腰筋が損傷すると、腰を後ろに反らすのが困難になります。

どの方向にも動かせない

骨盤にある仙腸関節に微小なズレや捻挫を起こすと、どの方向に動かすのも困難になります。

ぎっくり腰はクセになる!?

ぎっくり腰になってしまう方はいつも同じ箇所を損傷する傾向があります。
概ね一週間から10日で改善しますが、ぎっくり腰を繰り返すバックグラウンドが改善されていないと、また同じ箇所を損傷してしまうのです。
ぎっくり腰を繰り返さないためにも骨盤や背骨のゆがみの調整や腰周囲の筋肉の調整、生活習慣の改善が必要になってきます。

腰椎すべり症

腰椎すべり症は腰椎変性すべり症と腰椎分離すべり症の2種類に大別されます。

腰椎変性すべり症

腰椎が主に前方へずれてしまうもので第4、第5腰椎に好発し、中年以降の女性に多くみられます。
加齢によりお腹やお尻の筋力低下や腹圧の低下により、骨盤の傾斜角度の変化、つまり反り腰が強くなります。
反り腰になると腰椎を前方から支える筋肉や靭帯の機能が低下してしまうので、第4、第5腰椎が前方へずれてしまうのです。

症状

第4、第5腰椎が前方へずれてしまうとその周囲の筋肉が緊張してしまうので、朝起き上がることや長時間の座位姿勢、長く立っていることがつらくなり、慢性的な腰痛へと繋がります。
また足にしびれや痛み、冷感、感覚異常を起こすこともあります。

腰椎分離すべり症

成長期におけるスポーツ障害で腰椎の疲労骨折ともいわれています。
成長期にハードなスポーツやウェイトトレーニングなど体に過度な負荷がかかる運動を続けることで、腰椎に微細な傷ができやがて亀裂が入ってしまいます。

症状

腰椎分離すべり症は腰を反ったときに痛みを感じたり、長時間の立位がつらいなどの症状が起きますが、必ずしも症状が起きるわけでもなく無症状のケースも多くあります。

実際に腰痛の85%は原因不明といわれています。
椎間板ヘルニアは5%程度、圧迫骨折などの画像で診断できるものが9%程度、腫瘍などの深刻なものが1%程度といわれています。
筋肉の緊張や凝り、血行不良、背骨や骨盤のゆがみなどは西洋医学では明確な原因として特定できないため、原因不明の85%に含まれていません。

当院の考える原因

当院では直接の原因は腰周囲の筋肉が疲労し凝り固まり、筋肉本来の機能が低下しているからだと考えています。
マッサージやストレッチ、電気治療などで一時的に痛みがやわらいだが、またすぐに戻ってしまう経験をされたことはありませんか?
これは筋肉が疲労し凝り固まってしまう根本的な原因が解決されていなからです。

筋肉が疲労し凝り固まってしまう主な原因

骨盤や背骨のゆがみ
内臓の不調
頚椎や頭蓋骨のゆがみ
精神的ストレス、自律神経の失調
古傷

これらを丁寧なカウンセリングや正確な検査を行い、適切な施術をすることで長い間苦しんだ腰痛は改善へと向かうのです。

当院での改善法

腰痛改善のための3つのポイント

骨盤のゆがみや背骨のS字カーブが崩れることによって、腰周囲の筋肉に過度な負担がかかってしまい、痛みやコリを引き起こしてしまいます。
また、頚椎と腰椎はロベット関係と呼ばれるとても重要な相関関係があります。
これは頚椎がゆがむと腰椎もゆがむというものです。
ですので骨盤や頚椎のバランスをとることで腰椎が整い、腰痛の改善へと繋がるのです。

内臓が疲労やストレスを感じている場合、その臓器と関連している筋肉などに痛みや緊張がでてしまいます。
これを内臓-体性反射と呼びます。
また内臓が下垂していると骨盤のゆがみを引き起こしてしまいます。
内臓に原因がある場合、骨盤の調整や腰の筋肉を緩めても、またすぐに戻ってしまいます。
腰痛を改善するには、内臓の調整がとても重要です。

人はストレスを受けると体が緊張し、呼吸が浅くなってしまいます。
それにより筋肉が酸欠状態となり、凝り固まってしまいます。
さらに長期間ストレスにさらされると、ストレスに対し防衛する臓器である副腎に負担がかかり、腰周囲が緊張してしまいます。
また自律神経の失調により、血流が悪くなり筋肉が凝り固まってしまいます。
頚椎や頭蓋骨、腹部の太陽神経叢を調整することで、ストレスに対し抵抗できる力がつき、自律神経のバランスが整ってきます。

腰痛やしびれは大変つらく、苦しいものです。
病院での牽引療法や整骨院や整体院でのマッサージ、薬を長期間服用してもなかなか改善しないこともあります。
かえって症状が悪化してしまった方も多くいらっしゃいます。
当院では施術法を患者様ひとりひとりの症状、状態により最適に組み合わせ、早期改善に繋げていきます。
お一人で悩みを抱え込まずにぜひ一度当院にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)
お電話でのお問い合わせはこちら
TEL:070-4498-9051
受付時間 9:30~20:00
       (月・水・金・日休診)